PRESTO VIVACE

アクセスカウンタ

zoom RSS 東京事変「Just Can't Help It」

<<   作成日時 : 2006/09/17 22:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

画像

 またまた、東京事変ネタです。
 こないだ発売された、第二期東京事変のライブDVD。
 
 演奏はメンバー5人のみで、以前の武道館ライブのようなサポートメンバーはいないが、延長とも言える内容で、よりコンセプチュアルな内容になっている。従って単なるライブ映像ではなく、イメージ映像や、後撮りした映像も加えられている。一部オーバーダブもしているようだ。また「サービス」では、演奏を打ち込みに任せて、5人が拡声器片手に躍っており、なかなか工夫が凝らされている。まあ、立て続けに、アルバム、DVDを出しまくってる印象はあるので、単なるライブ映像では物足りなくなるでしょうね、本人達も。

 ハイライトは、「喧嘩上等」でしょうか。原曲からは、かなりアレンジされており、非常にテンションの高い演奏をしております。途中、ヘビーメタルな部分も出てきて、面白いです。
 俺が一番好きな「御祭騒ぎ」も収録されてます。この曲、「Dynamite Out」の時も気になったのですが、あんま観客が盛り上がらないのは何故でしょう。とんでもなくスゴイ曲だと思うのに。
 ギターの浮雲氏は、相変わらずのセンス抜群の演奏。これだけ多種多様に弾きこなせるギタリストも、現在ではかなり珍しい気がする。器用貧乏な印象は全く無く、一つ一つのフレーズが、とにかく秀逸。
 伊澤氏のピアノも、更に練り上げられており、特に「本能」のソロ部分、「少女ロボット」のリフ、「落日」のエンディングのプレーは、メチャクチャかっこいいです。こんな素晴らしいプレーヤー、良く探したもんだね、林檎も。
 
 そんで、肝心の林檎嬢は、全編通して、やっぱり最高だ。新たに気づいたことは、「丸の内サディスティック」で、アレンジがジャジーなこともあるが、ドリカムの吉田美和の雰囲気をも髣髴とさせることだ。今まででも十分すごかったのに、吉田美和レベルのたたずまい、表現力も感じさせてしまうとは。もはや鬼に金棒でしょう。
 ロック、演歌、ジャズ、ポップス・・・なんでもこなせる事が出来、あらゆるアーチストを絶対的に凌駕するレベルに到達しつつあるといえる。ただ、それは単なる物まねではなく、「椎名林檎」という絶対的オリジナリティに支えられたものだ。
 
 正直、東京でライブのチケット取るのは困難だな〜。半分諦めてます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
JUSTCAN'THELPIT.
 素晴らしく可愛らしくてお美しい林檎嬢と 迫力ある男らしいドラムさばきと無邪気な ...続きを見る
SMILEY^^☆日和
2006/09/24 17:42
muzoboz0762
a_Ya__a_&&_&a__a_Ta_ra_&a,^a,_a_-a__a_S&~a_,a_-a__a_Ta_, ...続きを見る
muzoboz0762
2007/02/28 04:34
東京事変 閃光少女 歌詞
東京事変 閃光少女 歌詞情報をyoutubeで情報発信!! ...続きを見る
歌詞視聴ナビ
2007/11/20 00:10

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
東京事変「Just Can't Help It」 PRESTO VIVACE/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる