PRESTO VIVACE

アクセスカウンタ

zoom RSS 神グラハムボネット 降臨!! & ハモンドテロリストとは何か?

<<   作成日時 : 2007/06/04 23:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

 「アルカトラスfeat.グラハムボネット vs ジョーリンターナー」、5/31渋谷O-Air EAST行ってきました。

 グラハムボネット、最高!!全盛期となんら遜色のない、スーパーボーカル!60才だぜ!日々の鍛錬の賜物でしょう。首の血管切れそう〜。
 もう、ビビリまくり、鳥肌立ちまくりでした。この御大、やばすぎます。伝説は生きている!
 もちろんキーを下げている曲もあるし、後半は多少きつそうな感じであったが、そんなことは全然気にならない。
 奇怪なパフォーマンスも面白かったし、髪型は「横山やすし」スタイルで全く変わっていないところも感動(笑)。
 他のメンバーの名前は、結局覚えてません(キーボードはいなくて、シーケンサー演奏。これが、ちと残念)。完全にグラハムのオンステージ状態。

 一曲目の「Eyes of the World」で、俺は、もうテンションMAXでした。ってか「Island In the Sun」でくるかと思ったら、完全に不意をつかれました。レインボー時代とアルカトラスの1stから、ほとんど選曲、というのも泣かせてくれました。
 「All Night Long」の、観客との掛け合いも、ブート版で79年時のレインボーのライブ音源を聞いている俺にとっては、この再現も、これまた感涙もの。
 最後は、「Lost In Hollywood」。失神寸前。やっぱ、レインボーで一番好きなアルバムはダントツで「Down to Earth」であることを再認識した。
 
 ジョーも、もちろん良かったが(スポットライトキッドもやったし)、ある程度想定の範囲内だったので。 ジョーのサポートの梶山氏のギターは良かった。同じくジョーのサポートの永川氏のキーボードは、ほとんど聞こえませんでした。

 いや〜、ほんとグラハムすごかった。単独公演でも、次も絶対見に行きます!

 さて、パイナップルのライブまで2週間切りました。グラハムから貰ったパワーを転化したいです。ってか俺はボーカリストじゃないけど。
  リーダーのサーモン氏が、俺について書いています、言い当てて妙ですね。「ハモンドテロリスト」ってことです。命名者は、ドラムのハヤズ師匠です。
http://salmons.blog.drecom.jp/archive/626 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
神グラハムボネット 降臨!! & ハモンドテロリストとは何か? PRESTO VIVACE/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる