アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「ドラマ」のブログ記事

みんなの「ドラマ」ブログ


Team Medical Dragon

2007/10/18 23:39
医龍2、やばいくらい面白いです。

前作も、そこそこハマッてたけど、今作は前作を遥に凌ぐ素晴らしさ。
今回は漫画ではなく、オリジナル原作のようです、そこも良い。

今日も面白かったが、先週の2時間半Spは、時間を全く感じないほどの怒涛の展開で、とてもドラマとは思えないクオリティ。ストーリー、カット、音楽ともに、映画でもいいんじゃないの、って思った。

坂口かっこよすぎる。相変わらず岸部一徳の不気味な演技も良い。
その他出演者も素晴らしく、集中力がビンビン感じられます。

史上最高のドラマになる、ドラマ史が変わる予感・・・

http://wwwz.fujitv.co.jp/iryu2/index2.html
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


時効警察

2006/02/11 20:17
画像
「時効警察」。「Mの悲劇」以来、久々に面白いドラマに巡り合いました。(「夜王」も面白いと思って見ているが。)
 やはり、オダギリジョーだ。といっても、彼の映画やドラマは、ほとんど見ていないのだが、以前「情熱大陸」で取り上げられているのを見て、俺の中では、なんか引っかかっていた。独特な考え方もさることながら、存在に引き込まれたという感じ。いわゆる映画俳優的な奴らは、かっこつけすぎだし、大嫌いだが、オダギリジョーは、すごく自然体で、それがすんなり俺の中に入ってきて、異常にカッコイイと感じた。
 そんな彼の魅力が爆発したこのドラマ。「時効した事件を趣味で調査する」主人公の、ちょっと惚けた役どころを、絶妙な間、ちょっとしたセリフ(これに気づくか、気づかないかが、このドラマを楽しめる分かれ道)を駆使して、センス良く演じている。ストーリーも良く練られているし、コメディ感覚も上手く取り入れており、最後まで飽きさせることは無い。脇を固める役者も、「どうしてその人選なの?」って最初は思ったが、良いスパイスとなって、独特なドラマの世界観に貢献している。

  一話完結型なので、見ていない人は、絶対見ることを強くオススメする。

  http://www.tv-asahi.co.jp/jikou/
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4


中谷美紀について

2005/03/27 22:53
 前に、中谷美紀について語る、といいながら、ほったらかしにしてましたので書きたいと思います。
 最近、若干存在感が薄くなりつつありますが、彼女は非常にフォトジェニック。「H」という写真を中心とした雑誌がありますが、彼女のためにあるような雑誌と思っちゃう。彼女の演技にしても、なんというか、写真一枚一枚を連続的に繋げていっている感覚。それも有機的というより無機的に(役柄のせいもあるだろうが。)一瞬一瞬を淡々と、でも確実に説得力ある演技をしていく彼女は、独特の存在。
 そういう意味では、ドラマ「ハルモニア」と、映画「ホテルビーナス」が、一番の代表作だと思う。(「ケイゾク」ももちろん良かったが。)
 シンガーとしての彼女の魅力も素晴らしい。別に音域が広いわけでもないし、特別上手いわけではないが、無機的な透明感を素晴らしく表現している。例えば、「逢びきの森」という曲は非常にジャズライクな曲であるが、情感たっぷりな歌い方は一斉せず、彼女の歌い方が結果として絶妙にハマった佳曲。無理をせずに淡々と歌うスタイルを、彼女自身自覚している結果だと思う。めったに他人をプロデュースしない坂本龍一氏が全面バックアップする理由も分かる気がする。(なにかの雑誌で、彼女の魅力について語っていたが、内容は忘れた。)ちなみに彼女のデビュー曲「マインドサーカス」は曲、アレンジともに、氏のベストワークの一つと思っている。
 その「逢びきの森」、「マインドサーカス」が入っている、アルバム「食物連鎖」は隠れたPOPSの名盤である。必聴!

 http://www.roomsnakatani.com/
 
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0


Mの悲劇

2005/03/13 00:49
 
画像
明日含めて、ラスト2回。このドラマ、突っ込みどころは満載なのだが、それを差し引いても、本当に面白い。ある程度予想できる話の展開にもかかわらず、緊張感があり、これだけ惹きつけられるドラマも珍しい。
 バックグランドミュージックも非常に効果的。
 そんでもって先週の佐々木蔵ノ介の演技は、いろんな掲示板でかなり話題になっているが、凄かったね。HDDに録ってたので、何回も見ちゃいました。
 あの切れっぷりは、マジ怖かった。新しい名脇役者になる予感。先週は、完全にハセキョーの存在感が無くなってた。
 ちなみに、「2ちゃんねる」では、佐々木蔵ノ介はビールのCMにちなんで「キャンペーン」て呼ばれてる(笑)
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


Mの悲劇

2005/01/30 22:46
画像今日は一気に更新してしまいました。とりあえず本日ラスト。
「Mの悲劇」は久々に楽しめるドラマです。
稲垣の演技・役柄は、かなりハマッているし、なんと言ってもMVPは長谷川京子でしょう。
彼女の演技を見るのは実は初めて。
SRS(フジテレビの格闘技番組)の司会を辞めてからは、CMでしか見る機会がなかった。
いい感じで悪女っぷりを演じてる。 
しかも意外と涙が似合う人だな〜って。(そういえば「PRIDE GP」にゲストで出てて、桜庭和志がヴァンダレイ・シウバにKO負けした時に流していた涙も良かったな。)
でも三話目で、ネタばらししてたけど、更に隠しネタ・どんでん返しがあれば良いね、というか、そうじゃないと完全に尻つぼみのドラマになっちゃうけど。
エンディングテーマも、結構いい曲だよ。

http://www.tbs.co.jp/m-higeki/

記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0


トップへ | みんなの「ドラマ」ブログ

PRESTO VIVACE ドラマのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる